釧路市釧路新聞社社告

釧新花火大会 見どころ

 第61回釧新花火大会後半第5部は、さまざまな生き物などの形を表現する花火が、子供の頃に歌った童謡に合わせて打ち上げる「花火でつづる子供たちの音楽会」。「夜空をキャンパスに花火でお絵かき」をテーマにトンボやメダカなどノスタルジーあふれる花火ショーを展開する。

 第6部は、花火師たちの渾(こん)身(しん)の作品、スターマインが競演する「創作スターマイン」。「矢車草」「ねぎぼうず」「丹頂鶴」「夜桜」「釧路の夕日」をテーマに五つの創作スターマインを打ち上げる。

 ラストを飾る第7部グランドフィナーレは超特大スターマイン。新釧路川のロケーションを生かし、壮大な音楽に合わせて最大14カ所から打ち上げる。天空から降り注ぐような錦色に輝く光のシャワーが圧巻のクライマックスを演出する。松木正之専務は「釧新花火大会は道内最長のナイヤガラ花火が登場するなど注目されている大会。ワイドに広がる花火ショーを多くの観客に堪能してもらいたい」と多くの市民の来場に期待を寄せている。

 花火大会開始を前に、午後6時20分から大会本部横の特設ステージで、地元の人気デュオ「ヒートボイス」によるミニライブが行われる。「トーカリップ音頭」などでステージと来場者が一体となったライブを披露する。

 また、花火大会の模様は当日、FMくしろが実況生中継する。会場では同局人気パーソナリティーの鈴木直哉さんと田村直子さんが花火プログラムを進行する。午後6時45分からFMラジオの76・1メガヘルツで釧路市内を中心に聴くことができる。会場周辺にラジオを持参すれば、花火と共に楽しめる。

 釧新花火大会は16日午後7時、釧路市の新釧路川鳥取橋上手緑地公園で打ち上げ開始。

[写真/㊤多彩な花火を楽しんでもらいたいと話す松木専務㊦フィナーレは1000発以上の花火が乱舞(昨年) ]