コラム【余塵】

謙虚な姿勢

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。皆さんご存じの言葉で、人格者であるほど謙虚であるというたとえで、有力者であっても決して威張らず謙虚に対応する人に使われる言葉である▼昨日、ノーベル化学賞に選ばれた吉野彰さん(旭化成名誉フェロー)が、決定した当日の記者会見で印象に残った場面が吉野さんのこの言葉だった。記...

この記事は【会員限定】です。有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事