雄別閉山50年釧路市

④ 尺別炭砿の生い立ち㊦ 46年復興、町にぎわい

 1944(昭和19)年夏、国策により九州の炭鉱へ単身移動となった労働者たちは、終戦後もそのまま留め...

この記事は【会員限定】です。有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事