カムイモシリ
 小説「カムイモシリ」を18回連載(毎週火曜日更新)します。作者は、標茶町在住の自営業、和田山明彦さん(65)です。
 あらすじは、東京から標茶町に移住し還暦を過ぎた主人公は、山で生活しながらプログラマーの仕事もしていました。釧路の自然に囲まれ、地元の人たちと接するうちにカムイモシリというアイヌ民族の世界観を知り、山で出合ったキムンカムイ(ヒグマ)と運命を共有し死生観を共感するまでを描いています。
 同小説は無料で読むことができますので、ぜひご覧ください。