釧根まちと企業【創刊75周年記念】


雄別林業株式会社

「雄別」冠して事業展開

㊧岡安正人副社長 ㊨中川範章社長
㊧岡安正人副社長 ㊨中川範章社長

 1960年代のエネルギー転換政策(エネルギー革命)により、国内各炭鉱の採算が悪化していく中、雄別炭礦もその例外ではなく、1970年閉山のやむなきに至り、会社解散となった。そんな厳しい状況のもと、坑道を支える木材・坑木など林業関係に携わる仕事をしてきた有志が資金を募り、資本金500万円で会社を立ち上げたのが雄別林業株式会社である。その社名は雄別炭礦の子会社として設立し、既に企業活動をしていた雄別林業の名を借りた。今では「雄別」と名の付く会社名は同社が唯一となった、ようだ。
 2011年より同社の代表取締役として指揮を執る中川範章社長は、「雄別」という名称に愛着があり、社名は変えずこのままで営業活動を続けたい、という。
 設立以来、半世紀の企業活動の中、当初、会社の経営・事業の展開方法など知るはずも無い仲間であったが、林業・木材業ということにこだわることなく、付加価値を付けた建材、その加工・販売に鋭意注力し、さらに内外装工事などを手掛け、順調に売り上げを伸ばし社業を拡大してきた。最盛期は売上30億円を超えたが、景気下降・変動の中で10億台に下がったときもあったが、現在は20億円台を保っている。
 現在の具体的事業と売上割合は、林業・木材業に関係する売上割合はほぼ10%で、雄別林業という社名から推し量ると主要事業のように思われがちだが、実際は一割ほどである。現在、米国などでの住宅需要の高まりで輸入木材の価格が高騰する「ウッドショック」が木材業界を襲っている。価格高騰と同時に極端な品不足であり、お得意先に商品を供給するのに商社・問屋などに毎日何度も問い合わせをして交渉をし、それでも納期までに商品が間に合わなかったりと、同社にも大きな影響が出ているという。
 売り上げの約50%を占めるのは、一般住宅用として製材販売・ツーバイフォーパネル・建築資材の販売である。20年以前の話だが、木材業界を取り巻く環境の変化に対応し、01年にツーバイフォー用建築資材を製造する工場を本社の隣接地に建設した。柱を中心に建物を支えていた在来工法に対し、壁や床などの面で支えるツーバイフォー工法が急増したことへの対応だった。住宅メーカーとタイアップしたことでコストパフォーマンスの高い投資で効果的に事業を伸ばし、新たな販路拡大に結び付けた。ツーバイフォーの増加に伴い、北米などから安価な加工に適した木材の輸入も急増した。また、09年には時代の変化へ対応すべく、釧白工業団地内にあった製材工場の廃止に踏み切った。建築資材の製造工場の建設。逆に製材工場の廃止など、時代のニーズ・変化を読み取り、即座に対応し将来の経営に生かしていく同社の経営手法を窺い知ることの出来る格好な事例であった。
 売り上げのおよそ40%を占めるのは、一般住宅以外の内外装工事で、主要な顧客は田中組、村井建設、葵建設、宮脇土建など釧路を中心とした道東地区で活躍している建設会社である。信頼感に裏付けられた長い取り引きを続けている。近年の建設工事では孝仁会記念病院新築工事、釧路市立中央図書館建設工事、釧路西港の中部飼料釧路工場新設工事など大型物件も手掛けている。
 また、1966年、帯広市内に帯広営業所を開設(現在は芽室町)。帯広市を中心に周辺の町域をエリアとして営業活動を続けている。現在、5人の社員で売り上げの約15%を担っている。

雄別の名を残し事業を展開する雄別林業
雄別の名を残し事業を展開する雄別林業

顧客との信頼関係保つ
 同社は、半世紀以前、有志より募った500万円で設立した会社である。現在は資本金3000万円で株は役員・社員が保有している。中川社長が25%を所有し、残りの株は社員が所有している。業績により社員へ利益還元するシステムである。経営・営業活動の動機づけなど、社員のモチベーションを高め、社業の活性化に大きな役割を果たしている。
 中川社長によると、同社は同族経営を避け、代々経営者の親族を入社させない方針を貫いている。そんな中、「将来の承継に備えて21年には専務取締役の岡安正人氏が代表取締役副社長に就任する役員人事を行った。今後の経営方針について中川社長は「釧路地方の人口減に伴い経営環境は厳しさが増す現状で、今は新規事業に向かうよりは永年培ったノウハウを生かし、提案型の営業活動を推し進め、顧客との信頼関係を保ち、シェアの維持・拡大に努めるとき」と話している。

建築資材を製造する自社工場
建築資材を製造する自社工場

 

概要
法人名 雄別林業株式会社
住所 釧路町桂5の4の2
電話 0154-36-4181
FAX 0154-37-5108
設立 1958年2月
資本金 3000万円
事業内容 木材業、ツーバイフォーパネル加工、内外装工事、住宅関連資材販売
年商 20億8800万円(2020年度)
従業員 26人
営業所 帯広営業所
主な役員 ▽代表取締役社長 中川範章
▽代表取締役副社長 岡安正人
▽取締役木材部長 五十嵐努
▽取締役帯広営業所長 緑川隆博
▽取締役建材部長 中島正能

釧路新聞電子版のご登録はコチラ!登録月は無料!!

関連記事