コラム【余塵】

大盛りのまち

「中標津の飲食店はボリュームがある」とは、今から25年前に中標津支局長として赴任したときに何人かに言われた言葉。その代表格ともいえる「みちのく」が34年間の営業に幕を下ろした記事が1日付の本紙根室版に掲載された▼店主ご夫婦で切り盛りされていた「名物店」で、記事を読んだとき、ボリューム満点の定食が目に...

この記事は【会員限定】です。有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事