コラム【余塵】

「挽歌」文学碑

 「高台から見降すと下町には明りがともっていた」。これは釧路市幣舞公園にある原田康子さんの小説「挽歌...

この記事は【会員限定】です。有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事